検索
  • tajimayukisyu

第十八場面

何もかもが嫌になった。涙が止まらない。

「はい、おしまい。はい、おしまい。木村あつおくん、はい、おしまい」

ヤックンが、いつの間にか、うしろに、来ていた。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示